学校法人海星学院 海星学院高等学校

〒050-0072 北海道室蘭市高砂町3丁目7番7号

ボランティア  volunteering


本校では、地域と共に歩む学校づくりをさらに推進するため、様々なボランティア活動に生徒が取り組んでいます。 ボランティアに取り組むことは、自分自身に対する理解を深めると同時に、関わり合う他者やそれらを取り巻く社会全体に対する理解や興味・関心も広げます。また、こうした活動を通して奉仕の精神を身に着けるばかりでなく、将来の進路選択をに向けて考えを深める機会にもなっています。

小学生に英語の楽しさを伝えたい!in海陽

   
室蘭市にある海陽小学校で、「小高連携を生かした小学校英語活動(外国語活動)協力ボランティア」に参加しました。1回目は本校生徒が、「行ってみたい国」をテーマに様々な国について英語でプレゼンテーションを行いました。海陽小学校の6年生は、普段とは違った外国語活動を楽しんでいた様子でした。本校の生徒も、普段以上に、「英語を教える」という立場から文法や発音などに気をつけながら英語を話していました。そして「英語は楽しい」という一番大切な気持ちが海陽小学校の児童に伝わっていればと思います。小学生と一緒に英語活動をすることで、今までとは立場が違った英語教育に触れる良い機会になりました。「今後もこのような活動を続けたい」「自分自身の勉強にもなった」「教師になりたいと思った」など生徒の感想にもあり、やりがいを感じました。 2回目は、本校生徒が旅行代理店の受付を、小学生がお客役をするロールプレイ学習を行いました。本校生徒は、基本的には英語のみで接客を試みました。小学生が一生懸命、英語を使ってコミュニケーションをとろうとする姿勢に、本校生徒が驚くほどでした。相互にとって、英語漬けの一日となりました。 今後もこのような機会があれば、ぜひ続けていきたいと生徒は充実した笑顔で話していました。

通訳ボランティア

   
米国の大型客船「サン・プリンセス」が崎守埠頭に入港した際、本校生徒が通訳ボランティアを行いました。今年度は、埠頭に特設テントを設け、生徒が豪華クルーズの記念に室蘭らしいお土産を開発し、日本語と英語で世界各地からのお客さんに販売をするという新しい試みにもチャレンジしました。お土産開発の特別チーム「チーム海星グッズ」を結成し、Tシャツ、コースター、手提げバッグなどをデザイン作成しました。生徒自らコスト計算し販売価格を決定しました。当日は英語での販売実習となり、普段の授業で学んだ成果を十分に発揮できました。

「アイアンマン・ジャパン北海道」ボランティア参加

   
洞爺羊蹄周辺において「アイアンマン・ジャパン北海道」が開催されました。SWIM(水泳)3.8km、Bike(自転車)180.2km、Run(マラソン)42.2kmを一人で行う過酷なレース、まさに「IRONMAN(鉄人)」レースの大会補助員として、選手の誘導、給水などをお手伝いしました。世界34カ国から165名の外国人選手、1357名の日本人選手が参加する日本最大のレースに関わることができ、大変貴重な体験となりました。

夏季クリーン作戦(地域・通学路清掃)

   
運動同好会を中心に通学路清掃を行いました。海星学院のある高砂地域は幼稚園や小学校が集中するエリアで、新学期に向け、気持ちよく登校してもらおうという趣旨で保護者や地域の町会の方々と共に行いました。

雪かきボランティア

   
室蘭市社会福祉協議会からの依頼を受けて、有志の生徒が雪かきにお手伝いが必要な方々のお宅を訪問し、ボランティアで雪かきをします。雪かきを通して、地域やお年寄りの方がたと交流を深める良い機会となっています。

白鳥大橋ハーフマラソンボランティア

   
室蘭市開港140年・市制施行90年記念事業「白鳥大橋ハーフマラソン」のボランティアに生徒・教職員合わせて約90名で参加しました。10年に一度の記念事業で、白鳥大橋の上で立哨員のボランティアを務めたり、給水所で水を配ったり、ゴールした選手の誘導など一般ボランティアの方と一緒に、ランナーが安全かつ快適に走れるようお手伝いしました。

幼高連携プロジェクト

   
海星学院付属のベネディクト幼稚園で行われた運動会に、1年生5名がスタッフとして参加しました。準備の段階(運動会の全体リハーサル)から、園児と関わり、「先生」の一員として運動会を盛り上げました。幼稚園の先生方が、どのように園児の指導をしているかを、園児の誘導、衣装サポート、ダンス、装飾などを通して学びました。また、用具の運搬・設置準備を事前から手伝うことで、一つの行事を企画することの難しさ、そして終了後の達成感を体験することができました。

病院ボランティア

希望者が長期休業中に市内の複数の病院でボランティアを行います。プランターや花壇づくり、病院玄関から受付、受診する科までの移動介助や受付カード機操作などのお手伝いをします。

翻訳ボランティア

アジア各国のユネスコスクールから被災地へあてた英文の応援メッセージの翻訳に、本校のインターナショナルクラブの生徒が取り組みました。今後も、このような翻訳の活動に積極的に取り組んでいきます。

聾学校体育大会運営補助ボランティア

北海道聾学校体育大会に、運営補助のボランティアとして参加します。競技用具を運んだり、記録や整列補助のお手伝いをします。

ボランティア呈茶

茶道部の部員が、市内の保育所や老人福祉施設などを訪問してボランティアで呈茶をしています。園児たちはお茶を点てる様子に興味津々。お年寄りの方がたからは、この呈茶を楽しみにしているという嬉しい声をいただいています。


shop info店舗情報

海星学院高等学校

〒050-0072
北海道室蘭市高砂町3丁目7番7号
TEL.0143-46-8888
FAX.0143-46-7733
アクセス