花の甲子園 全国大会に出場決定

「花の甲子園 全国大会に出場決定」(10月19日)

華道部が池坊華道会主催「花の甲子園2021」の北海道地区大会で優勝し、全国大会の出場が決定しました。今年もリモート大会となり、30分の生けこみと、3分のプレゼンテーションを動画で撮影しての応募となりました。生けこみ中は、生けこみの生徒同士の発言しか許されず、他の部員たちは無言で応援することになります。そのため、プレゼンテーションの小道具は、花言葉から選んだ花をそれぞれの黄色、ピンク、緑のイメージにあわせて、1枚ずつ重ねて貼ったもので、部員たちみんなの思いを込めました。結果発表日の10月1日は、部員が図書室に集合し、パソコンの画面に注目しました。そして、思いもよらない優勝の結果に図書室には歓喜の声が溢れました。家族や華道部の卒業生たちにも連絡し、出場6年目での快挙に大騒ぎになりました。10月19日は、吉本興業に所属する、「北海道住みます芸人」である「スクランブル」さんが、エリアサポーターとして、全国大会の切符を本校に届けてくれました。いよいよ1か月を切った全国大会に向け、ふたたび部員全員で意見を出し合い、海星華道部の力を形にします。

→室蘭民報記事

© 2021 学校法人 海星学院 海星学院高等学校