花の甲子園 全国大会に出場

「花の甲子園 全国大会に出場」(11月14日)

華道部が池坊華道会主催「花の甲子園2021」の全国大会に北海道代表として出場しました。京都の池坊会館に各地区大会の代表9校が出場、30分間の作品生けこみと、3分間のプレゼンテーションで競いました。大会の様子はオンラインで生配信され、室蘭に残った部員や友人、教員も画面越しに応援してくれました。池坊発祥の地である六角堂が見える会場で、高い技術力をもつ代表校に囲まれながらも、海星の3名はいつも通り、よくコミュニケーションを取り、楽しく作品を作りあげた姿が印象的でした。
全国大会にむけて練習を重ねる中で、3名は互いの個性を理解し、目指す作品のイメージを自分の言葉で伝えることで、互いを尊敬しあう関係を作りあげていきました。また、プレゼンテーションでは、他の部員たちが飛び出す絵本を参考に作成した小物を使うことで、その場にいなくても出場する生徒たちを支えてくれました。
初出場での上位入賞は叶いませんでしたが、今回の全国大会ステージに立てたことで、たくさんの学びがありました。他校の技術力の高さ、発想の豊かさ、華道の歴史的知識の深さなどに追いつけるように、更なる研鑚を重ねていきます。今回の出場にあたり、近くで支えて下さった家族や友人、ご支援くださった、室蘭市長や学校関係者、全国大会へ招いてくださった池坊華道会の皆様に心から感謝いたします。

© 2021 学校法人 海星学院 海星学院高等学校