世界食料デー登別大会ボランティア参加

「世界食料デー登別大会ボランティア参加」(10月10日)

10月10日、国連が制定した世界食料デー(10/16)にちなみ、同大会が登別市民会館で行われ、本校生徒がボランティアとして参加しました。世界の食料問題を考え、世界に広がる飢餓や貧困の克服を目指す同大会は今年で31回目となります。生徒は、会場設営や同大会の支援するエチオピアで生産されたコーヒーの販売補助、参加された市民の皆さんに協力を求める発表などを行いました。また、エチオピアでスタッフを務める湯本 沙友里氏⦅声なき者の友の輪(FVI)⦆の現地報告や同大会が主催したスタディーツアーに参加した高校生の発表を聞いて、世界の食料問題、そしてその解決に取り組む人々への理解を深めることができました。特に、スタディーツアーに参加した本校生徒2名は、かつて他国から支援を受けて発展した日本が経済的に無関係と言えない開発途上国を支援するのは大切なことであるとツアーを通じて学んだと発表し、本校で実施されている開発途上国支援に積極的に参加する決意を述べると、講評者の湯本氏から高い評価を頂きました。

© 2022 学校法人 海星学院 海星学院高等学校